MENU

センター試験平均点

2019 7/25

昭和薬科大学附属高校のホームページで、平成31年度センター試験の平均点が公表されています。

平成31年度センター試験の平均点

 

この資料によると昭和薬科の平均点は678.1点となっています。

おそらく900点満点換算でしょうから、得点率は75.3%になります。

 

昭和薬科はセンター試験を利用しない私立文系志望の生徒もセンター試験を全員受験するようなので、

文系・理系を含む学年平均で75.3%はなかなか優秀な数字ではないでしょうか。

 

資料には県内他校の平均点も具体的な数字ではありませんが、棒グラフで掲載されています。高校名は伏せられており、

県内A校 650点くらい

県内B校 610点くらい

県内C校 580点くらい

となっています。

 

情報の出所が不明ですが、昭和薬科はやはり県内トップであり、進学実績とも相関したデータと言えます。

 

ちなみに、国公立医学部医学科に合格するにはセンター試験でどのくらいの点数をとれば良いのでしょうか。

 

琉球大学が学科ごとに平成31年度合格者のセンター試験の最高点、平均点を公表しています。

平成31年度合格者のセンター試験の最高点、平均点

 

 

このデータを見ると、琉球大学の医学科前記日程合格者におけるセンター試験最高点は900点満点中866.2点(96.2%)、平均点は791.2点(87.9%)です。

琉球大学では合格者のセンター試験の最高点が8割に満たない学科が多いのに対して、医学科のみが異常に高い得点率となっています。

 

全国的にみると難関ではないと言われる琉球大学医学科でさえ、このようにセンター試験での高得点が要求されます。

 

 

コメント

コメントする

目次
閉じる