沖縄の脳卒中は働き盛りの男性に多い

 沖縄の勤務医です。

 

琉球新報の記事に沖縄の脳卒中について県医師会の報告が載っていました。

 

 

ryukyushimpo.jp

 

f:id:yomuderma:20190806171040j:plain

 

記事を要約すると、沖縄の脳卒中は

・全国と比較して脳出血の割合が多い。

・30代から60代の働き盛りの男性に多い。

・県内の30-64歳の死亡原因でもっとも多いのが高血圧関連疾患であった。

・自分が高血圧であると知らない人も多い

とされています。

 

脳卒中は大きく分けて「脳出血」と「脳梗塞」があります。「脳出血」は脳の血管が破れて脳内で出血することで、「脳梗塞」は脳の血管が詰まることで神経細胞などへの血流が下がる状態です。

 

どちらも発症早期の治療が必要で、最悪の場合には死亡、助かっても寝たきりになることも多い。働き世代がこのような状態になってしまうと、家族は路頭に迷ってしまいますし、社会的な損失も大きいです。

 

では脳卒中の発症を予防するにはどうすれば良いか。一般的には次のようなことが考えられます。

・検診を受ける

・検診で引っかかったら必ず病院を受診する

・バランスのとれた食事を心がける

・タバコを吸わない(受動喫煙も避ける)

 

 

脳卒中のリスクとしては、高血圧や糖尿病、脂質異常症などがありますが、これらの疾患は一般的な検診で見つけることができます。

そして、検診で再検査や病院受診を勧められたら必ず受診することが大切です。

 

沖縄の将来のために、働き盛りの世代の健康対策は重要な課題だと思います。

子供は親と同じような生活習慣になりますので、この世代のライフスタイルを見直すことは、将来を担う子供達のライフスタイルの改善にも繋がります。

 

県は、この事実をもっと県民に啓発していく必要があると思います。

 

<書籍レビュー> 知能は遺伝するのか 『言ってはいけない』『もっと言ってはいけない』 橘玲 - 沖縄発 勤務医のブログ

橘玲の本です。まずは出版社からの本の紹介文の引用。 この社会にはきれいごとがあふれている。 「人間は平等で、努力は報われ、見た目は大した問題ではない。」 だが、それらは絵空事で往々にして努力は遺伝に勝てない。 知能や学歴、年収、犯罪歴も例外でなく、子育てや教育はほぼ徒労に終わる。 進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が明かす「残酷すぎる真実」。 読者諸君、この不愉快な現実を直視せよ。 言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) もっと言ってはいけない (新潮新書) 運動神経の良し悪しは遺伝で、知能の高低を遺伝というのはタブー。 確かにこのような風潮があると思います。 この本では人…

『お金』 医師の年収 - 沖縄発 勤務医のブログ

今日は医師の年収についてです。 ネットには情報がたくさん載っています。ほとんど正しいと思います。 しかし、多くのサイトでは全ての年齢の医師の平均が載っていることが多く、若い年代の給料は意外と書いていないのが現状。 そこで、今回は僕の医師1年目から5年目までの税込年収を載せたいと思います。 医師を目指している方や、お子さんを医師にしたいと考えている方の参考になれば幸いです。 1年目(初期研修医)25歳 :400万円 2年目(初期研修医)26歳 :420万円 3年目 27歳 :750万円 4年目 28歳 :1100万円 5年目 29歳 :1300万円 全て税込 同期の医者たちも大体同じような年収の…

私が医者になるまでにかかった教育費 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 子供の教育費を考えることも多くなったので、この機会に自分が医者になるまでにどれくらいのお金がかかったのか計算してみることにしました。 幼稚園から大学まで大まかに分けて見て行きたいと思います。 幼稚園から小学校4年 年長から公文をやっていました。当時の月謝がわからなかったので、現在の標準的な料金をもとに算出しています。 1ヶ月の料金は 7000円×3教科=21,000円/月 1年だと 21,000円×12=約25万円/年 5年間通ったので 25万円×5年間=125万円 小学校高学年 中学受験のための塾に通っていました。5年生から通ったので、やや遅めのスタートでしたがなんとか志…