医者と結婚するには

沖縄の勤務医です。

 

世の中には、その収入や安定性に惹かれて医者と結婚したいと考える女性が一定数います。

 

そこで今回は、(沖縄で)男性医師と結婚する方法について考えてみました。

 

f:id:yomuderma:20190821105215j:plain

 

 

結論からいうと、「医者と結婚したいなら病院に勤めて若い医者をゲットしろ」です。

その理由を考えていきます。

 

 

男性医師の生涯未婚率は3%

生涯未婚率の定義は「50歳の時点で結婚歴がないひとの割合」ですが、2015年の国勢調査によると、日本の男性の生涯未婚率は23.4%とされています。

その一方で、日本における男性医師の生涯未婚率は3%と言われています。

一般人口と比較してかなり低いですね。

つまり、男性医師はよっぽどのことがない限り結婚できる。→売れ残っている医者は少ない。ということになります。

僕の経験上どんなに遅くても、ほとんどの男性医師は35歳までに結婚します。

逆に、35歳を過ぎて独身の医者はよっぽど変わっているか、離婚経験があるかのどちらかです。

 

男性医師はモテる

医者は、研修医になったとたんにモテはじめます。

沖縄はそうでもないですが、都会の病院だと若い医者には病院内で看護師や他職種からの激しいアプローチがあると聞きます。

つまり、競争率がとても高いんですね。

特にイケメンでなくても、医者であればほとんどの男性医師が結婚できているのが現状です。

 

未婚の医者には理由がある

35歳を過ぎても結婚していないもしくは彼女がいない医者には理由があります。

僕の周りを見ると、そのような男性医師は下記のいずれかに当てはまります。

 

人間的に変わっている(アスペルガー症候群、発達障害)

頭は良く、医者としての業務はこなせるけれど、他人や異性とのコミュニケーションがうまくいかないタイプです。意外と医者には多いですが、理解のある女性と結婚してうまくいっているケースもあります。

逆に、このタイプの人間でも結婚できる人がいる時点で医者は恵まれていると思います。

 遊び人

女性に困ってはいないが、結婚はまだまだしたくないと言うタイプ。

このような医者は一定数いますが、結婚しても浮気を繰り返す傾向にあります。

 女性との結婚に興味がない(LGBT含む)

人間的には問題ないけれど、結婚という制度に縛られたくない、めんどくさいといった理由や、そもそも女性に興味がないといった人も、やはり存在します。

 

沖縄出身男性医師の特徴

沖縄出身で、県内で働いている男性医師は、早くに(多くは20代で)結婚する傾向にあります。

理由はさまざまだと思いますが、

・医者以外の周りの友人も早くに結婚している

・女遊びが激しくない→地元では周囲の目があり女遊びができる環境にない

・若いうちから高収入であり結婚に踏み切りやすい

などが考えられます。

一般的に、沖縄出身の男性医師は、女性に対して真面目であることが多いように感じられます(もちろんそうでない人も中にはいます)。そしてその多くが学生時代の同級生や看護師、病院のスタッフと結婚しています。

逆に、チャラくて女遊びが激しいのは県外出身の医師に多いです。沖縄という地元とは異なる環境がそうさせるのかもしれません。

 

 沖縄で医者と結婚する方法

上記の理由から、特に知り合いがいない限り沖縄出身の男性医師と出会い、結婚するとなると、かなり難易度が高くなります。彼らは、若いうちから大学や病院で結婚相手と出会っているのです。

つまり、医者と結婚したければ、その医者が若いうちに、結婚しないうちに知り合っておく必要があるわけです。

では、具体的にどのような出会いの方法があるかみてみます。

 

医療機関に勤める

これが最も手っ取り早い方法です。若い医者は激務ですので、合コンなどしている暇がありません。必然的に、職場で出会った人と結婚することが多くなります。

医者の結婚相手としては女性医師、看護師、医療事務、リハビリスタッフ(理学療法士など)が挙げられます。

その中でも看護師の割合がダントツで、僕の周りでは医者の半数くらいが看護師と結婚しているのではないかというほどです。

しかし、看護師も理学療法士も国家資格を持つ専門職ですので、簡単になれる職業ではありません。

資格取得が難しい場合は、ドクタークラークや医局秘書などの医者と接点のある事務部門に就職することをお勧めします。

 

ちなみに、病院によっては若い医者がほとんどいないところもありますのでご注意を。

一般的には、研修医などの若い医者が働いているのは、病床数の多い急性期総合病院です。下記の記事に挙げているような病院ですね。

沖縄の臨床研修病院の特徴 研修医の仕事 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の臨床研修は全国でも有名で、県外からも多数の研修医が集まります。 今回はそんな沖縄にある臨床研修病院の特徴をまとめます。 沖縄での研修を考えている医学生の参考になれば幸いです。 1. 沖縄県立中部病院 2. 中部徳洲会病院 3. 中頭病院 4. 豊見城中央病院 5. 琉球大学医学部附属病院 6. 県立南部医療センター・こども医療センター 7. ハートライフ病院 8. 県立北部病院 9. 大浜第一病院 10. 北部地区医師会病院 11. 沖縄協同病院 12. 南部徳洲会病院 13. 浦添総合病院 14. 那覇市立病院 まとめ 1. 沖縄県立中部病院 人気:★★★★★ 忙しさ:★★★★★ 給与…

医学生をゲットする

男性医師は、研修医になった途端モテだしすぐに結婚してしまうので、医学生のうちから囲っておくのも一つの手。

出会い方としては、女性自身が医学科に入学する、医学生と合コンをする、医学生の部活(サークル)にマネージャーとして入るなどが考えられます。

 

離婚した医者を狙う

年齢的に若い医者を狙うことが難しい場合などは、離婚歴のある医者にターゲットを絞るのもアリかもしれません。しかしその場合は、女遊びが激しくないか、子供がいる場合は養育費の額などをチェックする必要がありますね。

 

合コンでの出会いはオススメしない

医学生は別として、医者との合コンはオススメしません。理由は、医者になっても合コンに行く人は 、遊び人の確率が高く、出会うことができても本気で結婚までは考えていないようなタイプが多いからです。明るい、合コンでの会話が面白い、は一般的には重要なファクターかもしれませんが、医者の中だけで考えると、チャラくて結婚しても浮気を繰り返すタイプが多いように感じます。

 

まとめ

いかがでしょうか。

全体を通してのメッセージは、医者は良い人間ほど早くに結婚してしまうので、「とにかく若いうちにゲットしろ」です。

さらに沖縄出身の医者との結婚となると、その特性から、医療関係者以外はなかなか出会うことは難しいのが現状です。その中でも、イケメン、性格良しとなるとかなりレアですね。

 

逆に、若い男性医学生、医者へのメッセージとしては、「言い寄ってくる女性をしっかり見極めろ」です。

 

この記事が誰かの参考になれば幸いです。

  

 

医者夫婦は最強 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 男性医師の結婚相手は、看護師や医療事務などの病院のスタッフが多いですが、医師同士の結婚も一定数あります。 そして経済的な面から考えると、医者夫婦は最強です。 今回は医者同士の結婚について、そのメリットとデメリットを考えてみます。 メリット 30歳前後で世帯年収は2000万円を超える 一般的な勤務医の場合、30歳前後で税込年収は1000万円に達します。夫婦二人とも医者だと世帯年収はその2倍になりますね。 40歳前後だと世帯年収3000万円を超える可能性もあります。 普通の生活をしていれば年間1000万円の貯金も可能ですし、下手な投資をしなくても10年間貯金をするだけで資産1億…

沖縄の医者の出身校 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 周りの沖縄出身の先生方の出身高校を聞いていると、世代毎に特徴があって面白いです。 今回は各世代で多い沖縄の医者の出身校ということでまとめてみました。 60代以上 沖縄の本土復帰前に大学受験をした世代です。その当時はアメリカ統治下の影響で国費留学制度(沖縄というアメリカ領から日本に留学する)があり、沖縄県内で選抜試験を行い成績優秀者から順番に東大や国公立医学部に入学していたそうです。 この世代の医者は首里高校や那覇高校、名護高校などの旧制中学から存在する伝統校の出身者が多いです。 40-50代 国費留学制度が廃止され、医学部に進学するには県外の優秀な生徒と競う必要が出てきまし…

2019年版 沖縄の進学校 -医学部に合格するには- - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 今回は沖縄の進学校事情、2019年版ということで、最新の合格実績をもとに「沖縄から旧帝大や国公立医学科に合格するには」という視点で分析していきます。 僕の主観になりますが、旧帝大10名以上、国公立医学科10名以上合格者が出ている学校を進学校として掲載しています。 結論から言うと、旧帝大大や国公立医学科に合格するには、 ①県外の中学、高校(ラサールなど)に進学する ②昭和薬科、開邦、沖縄尚学に入って上位の成績をキープする ※昨年の記事では球陽高校について書いていましたが、進学実績がなかなか発表されないため、今回は言及していません。 『教育』 沖縄の進学校事情 -医学部に合格す…