医学部合格者が増えた高校

沖縄の勤務医です。

 

医師専用サイト「m3.com」に「直近8年で医学部合格者が増えた高校、減った高校」という記事が掲載されていました。

 

沖縄からは昭和薬科大学附属高校と沖縄尚学高校が医学部合格者が増えた高校として載っています。

 

サイトから両校以外に沖縄の中学受験業界に身近な学校や、灘高校の結果をピックアップしてまとめてみました。

 

 

 医学部合格者数の推移 

高校 所在地 2012年度 2015年度 2017年度 2018年度 2019年度 2012年度からの増減数
昭和薬科大学付属 沖縄 42 人 75 人 57 人 56 人 63 人 +21 人
沖縄尚学 沖縄 13 人 16 人 18 人 13 人 24 人 +11 人
鶴丸 鹿児島 20 人 38 人 39 人 45 人 49 人 +29 人
ラ・サール 鹿児島 105 人 112 人 107 人 111 人 119 人 +14 人
青雲 長崎 76 人 62 人 60 人 65 人 57 人 -19 人
弘学館 佐賀 56 人 36 人 33 人 43 人 38 人 -18 人
愛光 愛媛 79 人 80 人 105 人 83 人 91 人 +11 人
兵庫 104 人 93 人 113 人 140 人 124 人 +20 人

https://www.m3.com/lifestyle/707899?dcf_doctor=true&portalId=mailmag&mmp=LG191030&mc.l=520388174より引用改変。

合格者数は国公立、私立大学医学部医学科合格者の合計人数です。

 

 2012年度と比較して医学部合格者が昭和薬科は21人増、沖縄尚学は11人増となっています。しかしこのような統計では基準とする年度を変えれば結果が大きく異なってくるので注意が必要です。

例えば、2015年度を基準にすると昭和薬科の2019年度の合格者数は12人減になってしまいますね。

 

ということであまり単年度の増減を気にせず、全体を眺めることが重要です。

 

中学から子供を県外に進学させる必要があるか

私(現在30代)が中学受験をした頃は、上位層の一定数が表にあるラサールや愛光、青雲、弘学館に進学していました。

しかし今回の結果を眺めてみると、医学部合格者の数においては昭和薬科は青雲と同等、弘学館よりは上、ということが見て取れます。

 

つまり、数字の上では子供を医者にしたい場合、ラサールや愛光レベルに進学しなければ昭和薬科に進学する以上のメリットを得ることができない可能性があります。

 

それだけ沖縄の高校のレベルが上がってきたということですね。

昭和薬科の強みはラサールや愛光などの合格者が県内での進学を希望し、一定数進学していることです。

 

もちろん、合格実績以外にも校風や友人との相性など考えるべき要素はたくさんあります。

 

子供の進学先に関しては学校名やブランドだけでなく、最新のデータや情報を集めて判断する必要があります。

 

2019年 九州大学医学科 合格者数ランキング - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 2019年の九州大学医学科の合格者数を高校別にランキングしました。 以前の記事を消してしまったので再掲します。 サンデー毎日の情報です。 1位. 久留米大附設 25人 2位. ラサール 14人 3位. 大分上野丘 6人 4位. 昭和薬科大学附属 5人 4位. 筑紫丘 5人 4位. 福岡大学附属大濠 5人 7位. 福岡 4人 8位. 修猷館 3人 9位. 下関西 2人 9位. 甲南 2人 9位. 青雲 2人 9位. 早稲田佐賀 2人 9位. 大分東明 2人 9位. 東筑紫学園 2人 沖縄からは昭和薬科から5人(現役4人)合格して同率4位にランクイン。 九州の進学校にも劣らない…

子供が医者になりたいと言いだしたら - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 最近知り合いから「子供が医者になりたいと言っているんだけど、どうやって勉強させたらいい?」と質問されました。 そのお子さんは小学生だったので、「勉強の仕方は人それぞれだけど、とりあえず中学受験させるべき」と答えました。 ということで今回は、沖縄において、子供が医者になりたいと言い出したら、親と本人はどのように行動するべきか考えていきます。 ポイントは、「できるだけ早めの対応」です。 できれば中学受験をして昭和薬科、開邦、沖尚に入学することで、医学部合格の可能性が上がります。中学受験をしない場合は、その学校で常に1番の成績を取り続けるくらいの気概が必要です。 前提として、 国…

沖縄の医者の出身校 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 周りの沖縄出身の先生方の出身高校を聞いていると、世代毎に特徴があって面白いです。 今回は各世代で多い沖縄の医者の出身校ということでまとめてみました。 60代以上 40-50代 40代以下 まとめ 60代以上 沖縄の本土復帰前に大学受験をした世代です。その当時はアメリカ統治下の影響で国費留学制度(沖縄というアメリカ領から日本に留学する)があり、沖縄県内で選抜試験を行い成績優秀者から順番に東大や国公立医学部に入学していたそうです。 この世代の医者は首里高校や那覇高校、名護高校などの旧制中学から存在する伝統校の出身者が多いです。 40-50代 国費留学制度が廃止され、医学部に進学…