国公立医学部合格者が多い高校ランキング

沖縄の勤務医です。

 

東洋経済オンラインに「国公立大医学部合格者が多い高校ランキング」という記事が載っていました。

 

「国公立大医学部」合格者が多い高校ランキング | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

近年、国公立大学の医学部(医学科)志望者の減少が続いている。就職状況が好調なことや、地域で働く医師の養成を目的に推薦やAО入試で募集する「地域枠」の拡大で、一般入試の定員が減っていることなどが背景に…

 

この記事では、過去5年間で国公立医学科の合計合格者数が多かった順にランキングされています。

 

昭和薬科は12位

f:id:yomuderma:20191230182344p:plain

 

沖縄からは昭和薬科が12位にランクイン。

5年間で244人が国公立医学科に合格しており、1年あたりの合格者数は40-62人(平均48.8人)で推移しています。

 

上位には名だたる全国の進学校が並んでおり、その中に沖縄の学校があるのは、なんだか不思議な感じがしますね。

 

ランキングを眺めていて気づくのは、上位20校の中で公立校は札幌南と熊本の2校のみで、それ以外は全て私立の中高一貫校であるということ。

国公立医学科に合格するためには、センター試験、二次試験共に高得点を取る必要があります。そのため、授業の進度が早く高校3年のほとんどの期間を受験対策に当てられる中高一貫校が有利になります。

 

沖縄で昭和薬科に次いで合格者数が多かったのは開邦高校で94位にランクイン。

5年間の合計合格者数は75人でした。

f:id:yomuderma:20191230184059p:plain

 

平成累計の東大合格者数が多い学校

一方、東洋経済の別の記事で「平成累計の東大合格者が多い学校ランキング」というものがありました。

「平成累計の東大合格者が多い学校」ランキング | 本当に強い大学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

平成も終わり、いよいよ令和が始まる。平成元年に大学に入学した受験生も、もう49歳になる。この間、大学入試では、さまざまな改革が行われ、東京大学も大きな影響を受けた。1990(平成2)年にそれまで実施されて…

これは文字通り、平成31年間の累計東大合格者数のランキングです。

 

1位の開成は平成の31年間でなんと5000人以上が東大に合格しているそう。

上位校は医学部合格者ランキングに比べて関東の進学校が目立ちます。

f:id:yomuderma:20191230195029p:plain

 



 

ちなみに、昭和薬科は31年間で94人が合格し192位でした。

医学部ランキングの12位と比べるとえらく落差がありますが、これが現実でしょう。

 

昭和薬科では、学年で上位50番以内に入っていれば琉球大学医学科に現役もしくは1浪で合格できると言われています。

それに対して、東大理一はおそらく学年で5番以内でも受かるかどうか、というレベルです。

 

東大は沖縄の学生にとってはまだまだ遠い存在なのです。 

 

ちなみに東大理一に合格できるような優秀な学生が沖縄にいたとして、東大か医学部かで進路に悩んでいた場合、私なら以下のようにアドバイスします。

 

沖縄に帰ってきたい→医学部

沖縄に帰ってくる気がない→東大、医学部どちらでも良い

理由は東大卒の優秀な人材が輝ける場所が沖縄にないから。それに尽きます。

 

 東大か医学部か - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 ここ10年くらい、地方の学生の東大離れが話題になっています。 東大に合格する学力があっても、地元や他県の医学部に進学する人が増えている。 東京と比べて地元では仕事が少なく、手に職をつけるために医学部に進学する、ということです。 では、沖縄において、上記のような優秀な学生がいた場合、どのように進路選択をした方がよいのでしょうか。 どの仕事にやりがいを感じるかは人それぞれだと思いますので、今回は主に経済的な面から考察したいと思います。 1. 沖縄出身の子が受験する 2. 東大理1に合格するくらいの十分な学力がある 3. 特に将来就きたい職業が決まっていない 4. 人間性に大きな…

 

いかがでしょうか。

いずれにせよ、現時点では、沖縄から東大や医学部を目指すには昭和薬科が有利です。

 

子供が医者になりたいと言いだしたら - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 最近知り合いから「子供が医者になりたいと言っているんだけど、どうやって勉強させたらいい?」と質問されました。 そのお子さんは小学生だったので、「勉強の仕方は人それぞれだけど、とりあえず中学受験させるべき」と答えました。 ということで今回は、沖縄において、子供が医者になりたいと言い出したら、親と本人はどのように行動するべきか考えていきます。 ポイントは、「できるだけ早めの対応」です。 できれば中学受験をして昭和薬科、開邦、沖尚に入学することで、医学部合格の可能性が上がります。中学受験をしない場合は、その学校で常に1番の成績を取り続けるくらいの気概が必要です。 前提として、 国…

2019年 九州大学医学科 合格者数ランキング - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 2019年の九州大学医学科の合格者数を高校別にランキングしました。 以前の記事を消してしまったので再掲します。 サンデー毎日の情報です。 1位. 久留米大附設 25人 2位. ラサール 14人 3位. 大分上野丘 6人 4位. 昭和薬科大学附属 5人 4位. 筑紫丘 5人 4位. 福岡大学附属大濠 5人 7位. 福岡 4人 8位. 修猷館 3人 9位. 下関西 2人 9位. 甲南 2人 9位. 青雲 2人 9位. 早稲田佐賀 2人 9位. 大分東明 2人 9位. 東筑紫学園 2人 沖縄からは昭和薬科から5人(現役4人)合格して同率4位にランクイン。 九州の進学校にも劣らない…

沖縄の医者の出身校 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 周りの沖縄出身の先生方の出身高校を聞いていると、世代毎に特徴があって面白いです。 今回は各世代で多い沖縄の医者の出身校ということでまとめてみました。 60代以上 40-50代 40代以下 まとめ 60代以上 沖縄の本土復帰前に大学受験をした世代です。その当時はアメリカ統治下の影響で国費留学制度(沖縄というアメリカ領から日本に留学する)があり、沖縄県内で選抜試験を行い成績優秀者から順番に東大や国公立医学部に入学していたそうです。 この世代の医者は首里高校や那覇高校、名護高校などの旧制中学から存在する伝統校の出身者が多いです。 40-50代 国費留学制度が廃止され、医学部に進学…