幸せになるためには

沖縄の勤務医です。

 

橘玲氏の「人生は攻略できる」を読みました。

どのような属性の人にも参考になる内容でしたので、要点をご紹介します。

 

 

幸福な人生に必要な3つの資本

橘氏は幸福な人生に必要な土台として、

①お金 (金融資本)

②仕事 (人的資本)

③愛情・友情 (社会資本)    を挙げています。

 

幸福は、この3つの資本の上に作られる。もちろん、その組み合わせ方は人によって異なるだろう。

 貧しくても家族や友人に囲まれて幸福な人はいるし、一人暮らしでもバリバリ働いて充実している人もいる。仕事も愛情・友情もないけど、大金を持っているからそれで十分、という人だっているかもしれない。でも、お金も仕事も、愛情や友情も、どんな資本もないなら幸福になりようがない、これが「不幸」だ。

 つまり、幸せになるためには、①金を稼ぎ(相続でも良い)、②やりがいのある仕事につき、③家族や気の合う仲間を作る。というところでしょうか。

たしかに、我々が幸せや悩みを感じるのはほとんどがお金や仕事や人間関係の事ですから、この主張は正しいと思います。

 

それに加えて、自分の立ち位置や向かう方向によっても、人の幸福度は変わってくると橘氏は説きます。

 

幸福度は人生の向かうベクトルで決まる

本の中でわかりやすい図が示されています。

f:id:yomuderma:20200112220044p:plain

 実線で示されているのが幸福な人生の例。図中の④と⑤がそれに当たります。

逆に点線で示された①、③、⑤は不幸な人生ということです。

 

橘氏の主張する幸福な人生の条件とは、

1. いろんな障害を乗り越えながら良い方向に変化して行くこと

2. 最後がプラスになること

とされています。

 

④はマイナスからのスタートで、でどんどん駆け上がって行く「ロールプレイング型」、⑤はプラスからいったんマイナスに落ちた後に挽回する(再起・復活型)。

①や③はもちろん不幸なことに間違いはありませんが、一生変化のない②も同じく不幸とされています。

 

幸福の条件として「良い方向に変化して行くこと」に関しては、とても共感できますね。

自分の人生を振り返ってみると、自分や家族の成長を実感した時、幸せを感じていたように思います。

 

「私の財産告白」の著者本多静六も、「人生の幸福というものは現在の位置よりもその動きの方向が登り坂か下り坂かによって決まる」と述べています。


私の財産告白 (実業之日本社文庫)

 

この「良い方向に変化すること」や「上り坂」は具体的にはどういったことか。

もちろん収入が上がったり、資格を取ったりなどは素晴らしいですが、ダイエットや筋トレ、貯金など週単位や月単位で成果が見えるものを積み重ねて行くことが大事なのではないかと思います。

僕自身は、自分のことよりも、子供の公文が足し算から引き算に進んだり、キャッチボールが上手くなったりといった地味な成長に幸せを感じていることに最近気づきました。

 

一方、医者をしていていろんな人の最期を見てきたので、「人生の最後がプラスになること」は神のみぞ知る。といった感覚を持っています。どんな人物でも病や老いには勝てません。

 

もちろん、ずっと右肩上がりの④のような人生はあり得ません。

受験の失敗、身内の不幸や災害など、人生には多くの谷や下り坂があります。しかし、このような考え方を知っておくことで、自分の人生を客観視することができます。

まとめ

誰しもが自分の子供には幸せになってほしいと願っていると思います。

それではその方法をどう伝えるか。

 

私ならば、「稼げる仕事について、家族を持て」。そして「小さなことでも良いから、人生の方向が上り坂になるように努力しろ」と伝えますかね。

 

なんとも保守的で、当たり前の結論になってしまいました。

 

この本では、そのほかに共働きの重要性やこれからの時代の働き方など参考になる内容が書かれています。おすすめです。

 


人生は攻略できる

医者夫婦は最強 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 男性医師の結婚相手は、看護師や医療事務などの病院のスタッフが多いですが、医師同士の結婚も一定数あります。 そして経済的な面から考えると、医者夫婦は最強です。 今回は医者同士の結婚について、そのメリットとデメリットを考えてみます。 1.メリット 30歳前後で世帯年収は2000万円を超える 育児期間でもある程度の収入が得られる 賢い子が生まれる可能性が高い 2.デメリット 夫婦共に忙しい科、職場だと育児・家事が大変 夫婦の通帳が別になり、家計の管理が雑になりやすい まとめ 1.メリット 30歳前後で世帯年収は2000万円を超える 一般的な勤務医の場合、30歳前後で税込年収は10…

<書籍レビュー> 「となりの億万長者(新版)」 トマス・J・スタンリー - 沖縄発 勤務医のブログ

今日は本の紹介です。 となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則 どんな分野でも成功者に学ぶことが成功の近道。 ということで、筆者はアメリカの億万長者がどのような生活を送っているか詳細に調べています。 そこで判明したのは、億万長者は高級住宅街に住まず、中古車に乗り、収入よりもはるかに低い支出で生活している、という世間のイメージとはかけ離れた質素な生活をしていることであった。 印象に残った点を引用します。 ・車は中古で質の良いものを ・倹約、倹約、倹約 ・財産を作るということはライフスタイルを変えることではない ・資産家になりたければ住宅ローンは現金所得の2倍以内に抑えること ・子供に…

私が医者になるまでにかかった教育費 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 子供の教育費を考えることも多くなったので、この機会に自分が医者になるまでにどれくらいのお金がかかったのか計算してみることにしました。 幼稚園から大学まで大まかに分けて見て行きたいと思います。 幼稚園から小学校4年 年長から公文をやっていました。当時の月謝がわからなかったので、現在の標準的な料金をもとに算出しています。 1ヶ月の料金は 7000円×3教科=21,000円/月 1年だと 21,000円×12=約25万円/年 5年間通ったので 25万円×5年間=125万円 小学校高学年 中学受験のための塾に通っていました。5年生から通ったので、やや遅めのスタートでしたがなんとか志…