医学部合格のための選択

沖縄の勤務医です。

 

医師専用サイト、m3ドットコムに沖縄県における高校別、国公立医学部合格者数の推移に関する記事が載っていましたのでご紹介します。

 

 

昭和薬科がダントツ、沖尚と開邦がそれに続く

高校 2012年度 2015年度 2017年度 2018年度 2019年度
昭和薬科大学附属 35 62 48 41 53
沖縄尚学 10 12 11 11 18
開邦 17 17 22 11 16
球陽 7 6 8 6 1
沖縄カトリック 0 1 0 0 2
向陽 0 1 1 0 2
コザ 0 0 0 0 1
宜野座 0 0 0 0 1
宮古 1 1 2 2 0
興南 6 0 1 5 0
首里 0 0 1 1 0
知念 0 0 1 0 0
那覇 1 4 0 0 0
那覇国際 0 2 0 2 0
八重山 1 2 3 1 0
78 108 98 80 94

国公立医学科合格者数の推移 沖縄県

 

 

記事には2012年から2019年にかけての高校別医学部合格者数推移が示されています。

表を見てわかることは沖縄県内からの合格者数のほとんどを昭和薬科、沖縄尚学、開邦、(+球陽)で占めていること。そしてその中でも昭和薬科はダントツの合格者数となっています。

 

そのほか、宮古高校や八重山高校などのも毎年コンスタントに合格者を出していますが、これは、琉球大学医学科推薦入試の「北部・離島枠」の合格者であることが予想されます。2019年度の宜野座高校からの合格者もおそらくこの枠の合格者でしょう。

 

ちなみに、琉球大学医学科には「北部・離島枠」以外にも定員14名の「地域枠」の募集があります。そして上位3校以外の高校からの合格者のほとんどはこの地域枠の合格者です。

もちろん、昭和薬科や沖尚の生徒も地域枠を受験できますが、地域枠には一つの高校につき3名までしか出願できないという制限があります。したがって、上位の高校は地域枠で合格者数を稼いでいる訳ではありません。

 

地域枠は僻地での医師不足解消を解決するための良い制度と思いますが、医師の視点から見て私はあまり受験をおすすめしません。詳しくは下の記事をご覧下さい。

医学部医学科 地域枠について - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 みなさんは琉球大学医学科に「地域枠」という入試制度があるのをご存知でしょうか。 正式名称は推薦入試Ⅱ(地域枠)です。 今回は受験生の親、そして医師としての目線でその地域枠について調べてみました。 色々調べた結果、僕の感想は「安易に地域枠を選択するのは危険」です。 主にネットの情報と募集要項から個人の考えを述べていますので、判断は自己責任でお願いします。 地域枠とは メリット デメリット 沖縄の勤務医が考える問題点 希望の診療科を選択できない可能性 琉球大学での初期研修が必須である まとめ 地域枠とは 将来の医師数確保の目的で創設された制度。 県内高校出身者を対象に各高校から…

 

医学部に合格するための近道

以上のデータから見えてくることは、

国公立医学科に合格するためには合格者数上位3校のいずれかに入学すること、そしてその学校で上位をキープする必要があるということです。

さらに、県外の国公立医学科を目指すならば現状では昭和薬科一択です。

医学部合格者が増えた県 - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 医師専用サイト、m3.comに「直近8年で医学部合格者が増えた県・減った県」という記事が載っていました。 要点をまとめます。 最も合格者が増加したのは東京都、沖縄は10位 最も合格者を減らしたのは長崎県 沖縄の高校から国公立大学医学科に進学するには 最も合格者が増加したのは東京都、沖縄は10位 都道府県別の国公立大学医学部医学科合格者数の推移 人口 2012年度 2015年度 2017年度 2018年度 2019年度 2012年からの増減 1. 東京 1394万人 569 674 650 666 672 +103 2. 兵庫 546万人 293 295 341 343 36…

沖縄で公立トップと言われる4K(開邦、球陽、那覇国際、向陽)でさえ、医学部入試においては開邦以外は十分な実績があるとは言えないのが現状です。この4校の医学科合格者数を足しても昭和薬科の合格者数の半分にも達しません。

 

医学科合格者数トップの昭和薬科は完全中高一貫校です。

そして近年では開邦、球陽でも中高一貫教育がスタートし、高校定員は減少傾向にあります。

つまり、沖縄で医者になりたければ中学受験することが合格への近道ということになります。

 

昨日は沖尚前期、来週は昭和薬科の入試と沖縄の中学入試もいよいよ佳境に入ってきました。受験生の皆さまの健闘を祈ります。 

 

2019年 九州大学医学科 合格者数ランキング - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 2019年の九州大学医学科の合格者数を高校別にランキングしました。 以前の記事を消してしまったので再掲します。 サンデー毎日の情報です。 1位. 久留米大附設 25人 2位. ラサール 14人 3位. 大分上野丘 6人 4位. 昭和薬科大学附属 5人 4位. 筑紫丘 5人 4位. 福岡大学附属大濠 5人 7位. 福岡 4人 8位. 修猷館 3人 9位. 下関西 2人 9位. 甲南 2人 9位. 青雲 2人 9位. 早稲田佐賀 2人 9位. 大分東明 2人 9位. 東筑紫学園 2人 沖縄からは昭和薬科から5人(現役4人)合格して同率4位にランクイン。 九州の進学校にも劣らない…

 東大か医学部か - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 ここ10年くらい、地方の学生の東大離れが話題になっています。 東大に合格する学力があっても、地元や他県の医学部に進学する人が増えている。 東京と比べて地元では仕事が少なく、手に職をつけるために医学部に進学する、ということです。 では、沖縄において、上記のような優秀な学生がいた場合、どのように進路選択をした方がよいのでしょうか。 どの仕事にやりがいを感じるかは人それぞれだと思いますので、今回は主に経済的な面から考察したいと思います。 1. 沖縄出身の子が受験する 2. 東大理1に合格するくらいの十分な学力がある 3. 特に将来就きたい職業が決まっていない 4. 人間性に大きな…

沖縄から旧帝大医学科に合格するには - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 医学部受験は難関といわれますが、 その中でも旧帝大の医学部医学科は東大理Ⅰ類と同等かそれ以上の学力が必要とされ、大学受験全体でも最難関に位置します。 旧帝大(北海道大、東北大、東京大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大)の医学科に沖縄の高校から合格するにはどの学校を選べば良いのか、過去のデータをもとに考えてみました。 結論から言うと、現時点では「昭和薬科一択」です。 沖縄の高校で国公立医学科に例年10人以上の合格者を出しているのは、昭和薬科、開邦、沖縄尚学の3校です。 まず、それぞれの高校の過去3年の国公立医学科合格者数と旧帝大医学科合格者数を見ていきましょう。 昭和薬科大学…