勤務医の財産告白 2020年1月

 

沖縄の勤務医です。

 

半年毎に公開している私の財産ですが、

今回は2020年1月末時点での資産総額を公開します。

 

2019年7月は金融資産3300万円でしたが、半年経過してどうなっているのでしょうか。

 

 

f:id:yomuderma:20200130141157j:plain

勤務医の財産告白 2020年1月

30代、妻、子供3人

金融資産:3600万円(預金、投資信託、海外ETF)

不動産:なし

借金:なし

 

7月と比較して金融資産は6ヶ月で300万円増となりました。

このうちほとんどが預金で、投資信託や海外ETFの利益は10万円程度です。

1ヶ月に約50万円預金していることになります。

 

 

 富裕層への道

 f:id:yomuderma:20190720103547j:plain

 

各世帯で保有する金融資産を階層で表すと、図のようになります。

そのうち富裕層とは金融資産1億円以上、5億円未満の世帯のこと。

 

世帯における金融資産保有額

超富裕層:5億円以上

富裕層:1億円以上5億円未満

準富裕層:5000万円以上1億円未満

アッパーマス層:3000万円以上5000万円未満

 マス層:3000万円未満

 

2017年時点で、日本には金融資産1億円以上の世帯が118万世帯あるそうです。

一方、現在僕の家庭はアッパーマス層に位置し富裕層はまだまだ遠いですね。

目標は、45歳までに富裕層に到達すること。そのためにたくさん働いて、倹約に努めたいと思います。

 

私の資産形成における考え方の原点は「私の財産告白」と「となりの億万長者」です。

この2つの本を読んでから価値観が変わりました。

興味のある方はぜひ読んでみて下さい。

 


私の財産告白 (実業之日本社文庫)

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

お金持ちになる勇気はあるか - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 沖縄では子供の貧困(つまり親の貧困)や格差の拡大が問題となっています。 行政や政府を批判するのは簡単ですが、実際のところ強烈なリーダーが現れて大胆な政策を打ち出さない限り、現状を変えるのは難しいでしょう。 それでは我々はどのように行動すれば良いのか。 資本主義はその仕組み上、格差がどうしても生じてしまいます。 それならば格差解消を訴えるのではなく、勝ち組に行く方法を考えるべきです。 そのためには資本主義における労働者の立ち位置を理解する必要があります。 資本主義における4つの階層 従業員 自営業者 ビジネスオーナー 投資家 従業員にも階層がある 勝ち組に行くために 高級奴隷…

医者には2種類のタイプがある -お金編- - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 世間一般では、医者は金持ちというイメージがあります。 それは本当なのでしょうか。 お金持ちの定義は様々ですが、今回は実家の裕福さを指標に医者をタイプ分けしてみます。 1. 実家がお金持ちパターン(金持ち医) 親が開業医や資産家のパターンです。 医者の中には一定数、こういう人たちがいます。 このタイプの医者は、学生時代から外車に乗ったり不自由ない生活を送っています。 奨学金を借りる必要もないですし、親の介護費用を負担する必要もありません。 子供の教育費や住宅購入費を親から援助してもらえることもあります。 やはり実家が金持ちというのは強いですね。 富めるところにさらにお金が集ま…

子供が医者になりたいと言いだしたら - 沖縄発 勤務医のブログ

沖縄の勤務医です。 最近知り合いから「子供が医者になりたいと言っているんだけど、どうやって勉強させたらいい?」と質問されました。 そのお子さんは小学生だったので、「勉強の仕方は人それぞれだけど、とりあえず中学受験させるべき」と答えました。 ということで今回は、沖縄において、子供が医者になりたいと言い出したら、親と本人はどのように行動するべきか考えていきます。 ポイントは、「できるだけ早めの対応」です。 できれば中学受験をして昭和薬科、開邦、沖尚に入学することで、医学部合格の可能性が上がります。中学受験をしない場合は、その学校で常に1番の成績を取り続けるくらいの気概が必要です。 前提として、 国…